V・ファーレン長崎観戦記~俺たちがついてる全てを捧げよう~


どうも、Masayucky(@0901majoz)です。

今回は長居でありました、V・長崎対C大阪戦を観に行ってきました。

ヤンマースタジアム長居に行く前に

神戸から阪神電車で梅田までは約40分強

そこから大阪メトロ御堂筋線に乗り換えて到着したのが

動物園前駅

改札を出ると

新世界に到着!

てか、なんで新世界なのと思い、調べてみると

新世界の始まりは明治36年(1903)、天王寺および現在の新世界で催された第5回内国勧業博覧会に遡る。その跡地の東半分には天王寺公園がつくられ、残った西半分には中央にシンボルとして通天閣(初代)と、その南側に有料遊園地のルナパークがつくられた。これを契機に芝居小屋や映画館などが集結して発展し、新世界がかたちづくられていくことになる。 【大阪観光案内公式サイトから抜粋】https://osaka-info.jp/page/shinsekai

通天閣も撮りました。(ポートタワーのほうが好きですけど)

天王寺動物園(行ってないけど)

新世界をブラブラしてから長居公園に向かいます。

ヤンマースタジアム長居、高田社長とヴィヴィくん

ヤンマースタジアムはGWということもあり、多くのサポーターで賑わっていました。

ここでスタグルを食べたことがなかったので、探していたら

美味しそうな丼を見つけました。

コメソウドウさん キムチからあげごはん。

ビビンバ的なものにから揚げが入ってご飯との相性が抜群でした。

スタグルを食べて、スタジアム周辺を歩いていると

ロビーくんとの写真撮影の列が。そして、おかんの姿も発見。大人気でした。

そして、V・長崎の高田社長が!!

アウェイにも来られていました。(噂通り本当に来るんですね。)

あとで、一緒に写真も撮らせて頂きました。有難う御座いました。

さらに・・・

 

ヴィヴィくん!!!!(語彙力)

試合の数日前にヴィヴィくんが長居にくると言っていましたが、何とか会えました。

ヴィヴィくんが移動するとサポーター民族大移動となりぞろぞろと移動していきます。

ヴィヴィくん可愛かったです。ということで場外のお楽しみもありながら、やっと場内に入ります。

サポーターも選手も下を向いている場合じゃない

快晴のヤンマースタジアム。(あれ、昨年の年末に来た覚えがありますが)

GWということもあり、長崎サポーターが大勢参戦していました。

勝って長崎に帰ろう!!!!

そして、試合開始です。

試合は前半に2点取られますが、後半に中村選手のゴールて1点返します。

後半、長崎が押していましたが決めきることができす。終了間際にセレッソ大阪に追加点を決められ万事休す。

3-1でセレッソ大阪の勝利。

長崎ゴール裏からはブーイングがなく、選手を鼓舞するチャントが響きます。

「長崎、俺の長崎、長崎、俺の全てお前の気持ちを見せてくれ。男なら」

俺の長崎というチャントがゴール裏から歌われました。

サポーターが下を向いている場合じゃないです。選手を支えるのがサポーターの役目なのではないでしょうか。

J1の大航海は穏やかな海ではなく、波がしけて船が転覆するかもしれないほど厳しく、辛い航海になるかもしれません。

しかし、それを超えた先には素晴らしい景色が待っていると思います。

長崎のチャントにこのようなチャントがあります。

「愛してる長崎を、この思い止まらない。俺たちがついてる、全てを捧げよう。」

J2参入1年目でJ1プレーオフに進出したとき、惜しくも京都と同点で試合が終わり、長崎が決勝に上がれなかった2013年

長崎ゴール裏から試合後、このチャントが響いていました。泣き崩れる選手もいましたが

長崎ゴール裏からは「下を向くな」「よくやった、ありがとう。」いう言葉も出ていました。

私もこの試合に応援に行っており、悔しい結果でしたがサポーターの姿勢が素晴らしかったです。

まだまだ長崎はできると信じています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です