サポーターストーリー(仮)
description

サポーターストーリー(仮)

「ピピッ、ピピッ。」午前8時を知らせる目覚まし時計の音が鳴り、いつも通り時計を止める。今日は何故が目覚めが良い。洗面所で顔を洗い、歯磨きを済ませ朝食の用意をする。 鼻唄で 「When Johnny Comes Marching Home」を口ぐさみながら、トーストとコーヒーを作り終えてリビングへ持っていく。いつも読まない新聞を手に取り、読んでいく。新聞には「Jリーグ今日開幕」という文字がスポーツ欄に大きな見出しで出ている。   その下には「ヴィッセル神戸、ホームで開幕ゲーム」という文字も。チャントを口ずさみ記事を見ながら、「今年はどんなシーズンになるんだろう。」と大きな期待と少しの不安が入り混じる。 「さあ、行くか!」と自分に気合いを入れるように一言を発し、スタジアムへ向かう準備をする。部屋に飾っているユニホームを着て、タオマフを鞄に入れ、忘れ物はないかを再確認し家を出る。 何故、ヴィッセ