JFL開幕戦FC大阪対ヴィアティン三重と近藤岳登引退セレモニー


こんにちは、Masayucky(@0901majoz)です。

今回はJFL開幕戦、FC大阪対ヴィアティン三重の試合を観に行ってきました。

 

本日の試合会場Jグリーン堺

神戸からJグリーン堺まで、高速を使用すると40分ほどで到着しました。

Jグリーン堺とは:J-GREEN堺は、日本最大級の施設規模を誇り、サッカーをはじめとするスポーツ・レクリエーション活動の振興を図るスポーツ施設

各コートではサッカーの試合が行われていました。

クラブハウスにあるレストラン、タッチラインでお昼を食べることに。

日替わり定食:850円 本日の日替わりは牛しぐれ煮でした。あと、サラダバーになっているので、食べ放題です!!

牛しぐれ煮はあっさりしてて食べやすく、ごはんのお供に最適でした。

お昼も食べ終わり、早速スタジアムへ。

JFLは今年で開催20周年ということで記念のポスターがありました。

FC大阪のサポーター

アウェイのヴィアティン三重のサポーター。多くの方が応援に駆け付けていました。

ヴィアティン三重は桑名市、四日市市を中心とする三重県全域を本拠地とするクラブ。

女子サッカーのヴィアティン三重レディースもあるクラブです。

ヴィアティン三重公式サイトはこちら

試合は前半17分ヴィアティン三重が先制します。

ゴール後のヴィアティン三重

しかし、ここからFC大阪の猛攻が始まります。

前半26分にFC大阪が同点に追いつきます。

76分にFC大阪が逆転に成功

終了間際の87分にさらに追加点

そして、試合終了の笛。

3-1でFC大阪の勝利。

 

熱い応援を送っていたヴィアティン三重サポーター。

昨年JFL4位の実績を見せたFC大阪。

今年のJFLの戦いはJリーグ並に熱い戦いとなるでしょう。

 

近藤岳登引退セレモニー

試合後にはヴィッセル神戸にも在籍しておりました、近藤岳登選手の引退セレモニーが開催されました。

 

サポーターにもこんな言葉を残してくれました。

クラブの歴史を作っていくなかで、選手はクラブの歴史における1つのパーツみたいなものです。

サポーターが歴史を作っていくもの。愛するクラブの歴史をサポーターが作っていき、語り継いでほしい。

この言葉はサポーターとして胸に響く言葉になりました。

これにて観戦記を終了します。近藤岳登選手お疲れ様でした!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です