艦これ日本聖地巡礼~呉編~② 戦争を風化させない


呉2日目。この日は朝から艦これに関係のある場所に訪れました。

長迫公園(旧海軍墓地)にて

この日は8月15日終戦記念日でした。呉に訪れた際は、訪れたいと思っていた場所です。

13925216_1069305269818971_5076001119861696498_n

こちらには数多くの艦艇の慰霊碑がありました。

13906986_1069301583152673_6217735199144345806_n 13934737_1069301566486008_3271705403710401952_n 14034952_1069301839819314_9071275324390775432_n 14046121_1069303333152498_8405787959850572241_n

13906790_1069303793152452_4756754227177587211_n

第十七駆逐隊

陽炎型の駆逐艦で編成された駆逐隊です。最後は雪風だけが終戦まで生き残り、旧海軍最高の幸運艦と知られるようになります。

13895094_1069304636485701_1189774198080039734_n 13912302_1069305069818991_6635854674350646190_n 13939514_1069304773152354_8391421054941692259_n 14045938_1069304359819062_9025357678557642933_n 14053989_1069305129818985_7149345639376969522_n

姉妹艦ができることがなかった島風。高速戦艦金剛型の比叡、神戸生まれの熊野。

14054177_1069302013152630_3565858554346171761_n

帝国海軍史上最強、最大の戦艦大和。

戦艦大和が沈めば日本が終わると言われていた程、日本旧海軍、日本国民の誇りであった大和。最後の坊ノ岬海戦では船員たちは何を思 い、何を感じ、沖縄を向かったのか。暗く冷たく光が届かない海底に沈んで海底から日本の海を守っているのでしょうか。

大和ミュージアムへ

長迫公園を後にし、次に大和ミュージアムに向かいました。

14021531_1069305613152270_1376714307620653242_n

10分1サイズの大和が迎えてくれました!でかい!

13938425_1069306689818829_3784978933454537866_n 13938425_1069306753152156_4371754500924461040_n

海軍墓地礼拝後に大和ミュージアムに訪れ、臼淵磐大尉の言葉が込み上げてくるものがありました。

「進歩のない者は決して勝てない。  負けて目覚めることが最上の道だ。

日本は進歩ということを軽んじ過ぎた。私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。

敗れて目覚める。それ以外にどうして日本は救われるか。
今日目覚めずしていつ救われるか。

俺たちはその先導になるのだ。日本の新生にさきがけて散る。
まさに本望じゃないか。」

wikiでは「小説の原作者の創作である可能性が高い」とのことですが、現代人の胸を打つ文になっています。

戦艦大和の戦死者は3000名強と言われており、船員の90%以上の方が亡くなりました。特攻という言葉だけで見れば、無意味だったのかと思いますが、上記の一文、大和の船員の方の情熱や思いは戦後の日本に大きな影響を与えたのではないのでしょうか。

改めて、約70年前に戦争をしていたということを認識し、遠い過去の出来事にしない。今のような生活ができていることを感謝し、8月15日正午、に大和ミュージアム内にてアナウンスがあり、館内の皆さまが黙祷を捧げました。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です