海外サッカーしか興味がなかった僕がヴィッセルサポになった理由


どうも、Masayucky(@0901majoz)です。

みなさんは愛するクラブを好きになった理由はなんでしょうか。

強いチームだったから、好きな選手がいたから、好きな人が応援しているチームだったから等々。

好きになった理由に正解も不正解もありません。

今回は僕がふとした出来事で、ヴィッセル神戸のサポーターになった経緯を書いていこうと思います。

サッカーに好きになった頃

初めてサッカーが好きになったときは2002年でした。

この時、日本ではW杯が開催しており、地元神戸のウイングスタジアム(当時)でも試合があり、テレビでもサッカーの試合が連日放送していました。

初めてサッカーを見たかなと思います。日本対ベルギー戦での鈴木隆行のゴールで家族と騒いだことが何故か思い出します。

そこから、サッカーというスポーツが好きになりました。基本は観る専門でしたのでテレビで見ているだけでした。

しかしながら、試合を観るとなると海外のサッカーばかり。Jリーグの試合には興味すらなかったです。

海外のようにダイナミックさがない。迫力がない。見ていても楽しくない。

海外とレベルが全然違う。だから、日本のサッカーのレベルが上がらないんだよ。

というくらいに、Jリーグを見下していたなと反省をしています。

海外サッカー誌を買って情報収集したり、深夜に起きて、好きなチームのユニフォームを着てパソコンの画面で応援をしている感じでした。

Jリーグのことなんて、たまにテレビで放送しているという感覚しかありませんでした。

ましてや、地元のヴィッセル神戸はいつも中位か残留争いしているチームだし、試合に行くなんて。。。

という思いで、新聞の試合結果を流しながら見ているだけでした。

ヴィッセル神戸サポーターになったとき

Jリーグに興味が全くなく、月日が流れ、大学3年生の秋。

家で課題をしていて、ふとyou tubeで音楽を聴きながら作業をとしたとき

たまたまヴィッセル神戸の「神戸讃歌」にまつわるエピソードの動画があったので、見ることにしました。

神戸讃歌を聴いた途端、自然と涙が止まらなかったのを今でも覚えています。

俺たちのこの街に

お前が生まれたあの日

どんなことがあっても 忘れはしない

共に傷つき 共に立ち上がり

これからもずっと歩んでいこう

美しき港町 俺たちは守りたい

命あるかぎり 神戸を愛したい

神戸生まれ、神戸育ちの僕は小さい頃に阪神淡路大震災を経験していますが、記憶がほとんどない状態です。

しかし、小学校の近くは被害が大きい地域でしたので、小学校に入ってからも

周辺は震災の後が残っている状態のところが多かったです。

神戸に生まれ、また、震災を経験した僕としては

これを聴いて、ヴィッセル神戸の応援をしないといけないと思いました。

早速、ヴィッセル神戸のホームページで選手情報からチャントなどを調べに調べて

それから、半月後にはチャントをほとんど覚えて、ノエスタへJリーグ初観戦に行ったと思います。

初試合がゴール裏でまさかの爆心地近くで応援するという、なかなかなチャレンジをしたと思い出します。

2011年11月3日

ヴィッセル神戸対モンテディオ山形

2-0(30’吉田 44’ポポ)

この試合が初観戦記念日でした。ここからヴィッセル神戸のサポーターとなったわけです。

何万キロ先のスタジアムより、自転車で行ける地元のスタジアム

今年でサポーター歴は6年目となり、まだまだサポーター歴としては浅いです。

Jリーグを見始めて、アウェイ遠征にも行き、シーズンシートも購入と6年間の間でJリーグとそしてヴィッセル神戸と共に過ごしながら

Jリーグの良さというものがわかってきました。家族や子供が安全、快適に試合観戦ができたり

各クラブのサポーターの方と仲良くなれたり等。

今ではJリーグ、そしてヴィッセル神戸が大好きになりました。

地元にサッカークラブがあるということは素晴らしいものです。

海外のサッカーも素晴らしいですが、自転車でいける距離にスタジアムがある。

これもまた、個人的に良い点だと思います。(笑)

今年もJリーグの良さを伝えていこうと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です