全社福井大会レポ~過酷な戦いから見えたクラブ愛~


どうも、Masayuckyです。

神戸駅付近。午前0時過ぎ。何故こんな夜中に車に乗っているかというと、あるところへ向かう途中です。

それは、福井県

福井県で全国社会人サッカー選手権が10月14日から開催するので、向かっております。行きは高速に乗らずに下道で福井へ向かいました。

片道約5時間強でした。馬鹿なことをしたなと反省しています。琵琶湖を超えて滋賀県と福井県の県境辺りは街灯が全くなく、家屋すらないところを走っていました。(午前3時くらいに)多分後部座席に幽霊が乗っていたかもしれません。

前置きはさておき、今回は全国社会人サッカー選手権(以下全社)に行ってきました。昨年の愛媛大会は行けなかったので、今年こそは!と思っていたので、念願叶っての観戦となりました。

今回は全社福井大会のレポを書いていきたいと思います。

テクノポート会場にて

観戦を開始したのはテクノポート会場での試合でした。

テクノポートスタジアム、芝生広場で試合を行っていました。

テクノポートスタジアムでは

鈴鹿アンリミテッドFC

昨年は全社で準優勝し、地域CLにも出場。地域CLでは惜しくも4位となり、JFLの切符を逃したチーム。優勝候補の一つのチームです。

沖縄SV

チーム代表が元日本代表の高原直泰が代表、監督を務めるクラブ。今回はゴール裏では1人太鼓を叩いて声を枯らして応援をされていました。

試合は鈴鹿5-1沖縄という結果でした。

芝生広場では、

いわきFC

「日本のフィジカルスタンダードを変える」というビジョンもあるクラブ。今年の天皇杯でも、福島ユナイテッドFC、北海道コンサドーレ札幌も撃破したチーム。6月に開業した商業施設併設の「いわきFCパーク」 ←(HPはこちら)は最近話題になっている。

エリースFC東京

結果はいわきFC4-0エリースFC東京でした。

いわきFCの選手たちのフィジカルはJリーグでも十分通用するくらいで、ボディコンタクトでは負けていませんでした。それに少々きつめのボールが味方から来てもしっかりと収めており質の高いチームでした。

前半、後半と分けて試合を観戦しました。試合終了後は別の会場へ移動しての観戦です。

丸岡スポーツランド会場にて

こちらでは試合会場が3つありました。

アルティスタ東御対アイン食品

テゲバジャーロ宮崎対FCISE-SHIMA

VONDS市原

元川崎フロンターレに所属していたレナチーニョ選手を獲得したことで話題になりました。女子サッカーやソフトボールのチームもあるクラブです。

高知ユナイテッドSC

アイゴッソ高知と高知UトラスターFCが統合して発足したチームです。こちらの応援は

よさこいで使われます、鳴子を使用して応援をされていました。手拍子を鳴子に変えての応援は斬新でした。地域特有のものを使用しての応援はJリーグではあまり見られません。

鳴子の音も響くので、応援を増幅させる良い作戦だなと思いました。(この応援スタイルが好きになりました。)

結果はVONDS市原3-1高知ユナイテッドSCでした。

高知ユナイテッドSCは先制点を取りましたが、VONDS市原が終了10分前から大逆襲を行い、逆転に成功しました。

VONDSの応援も熱が入っていました。

そして、最後は

開催地福井県の

サウルコス福井

結果はサウルコス福井3-1札大GPという結果に。

今回全社の試合に訪れて感じたことは、サポーターの方からネガティブな言葉が全く出ていませんでした。Jリーグなら、よく耳にするのですが

本日はそれがありませんでした。また、サポーターのみなさんは本当にクラブ、選手たちを愛しているのだと思いました。遠いところから応援駆けつけて声が枯れるまで叫び続ける。ひとつのプレーに一喜一憂し、負けても愛するクラブの名前を叫ぶ。サポーターとは何かを改めて教えてくれる場所でもあるのだと思いました。全社を勝ち上がっても次は地域CLというまた大きな壁が待っています。この壁を超えるためにはサポーターの応援が必要なんだと思いました。

また、この日は全社開催当日。参加全チームがこの福井いる日はこの日しかありません。各地域の猛者たちが福井に集結し、各サポーターは独自の応援をしていました。一種のサッカー博覧会かのような気が僕にはしました。1年に1回行われる全国社会人サッカー選手権。過酷な試合の中にクラブ愛が見えたいいところでした。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です