ポドルスキが来てくれて感じたこと


先日、ノエビアスタジアムで行われたヴィッセル神戸対大宮アルディージャ戦で元ドイツ代表のポドルスキ選手がJリーグデビューしました。そして、後半には2ゴールの大活躍で日本のフットボールファン、世界のフットボールファンに衝撃的なインパクトを残し、鮮烈なJリーグデビューを飾りました。

今回はJリーグデビュー戦を観戦しポドルスキという選手をプレーとそうですが、人間性も含めて感じたことを書いていこうと思います。あくまでも個人的な意見なので、気に入りない人がいればスルーしてください。少しでも興味があれば、最後までご覧頂ければ幸いです。

選手としてのポドルスキ

 

デビュー戦は2トップの左側でプレーをしていました。前半は思うようにポドルスキにボールが集まらず、少しイライラしてるように見えました。また、自陣まで戻って守備をするということもあまり見られずといったところでした。しかし、相手陣内でボールが伸びてルーズボールの時や前半のプレスをしないといけない場面では猛スピードでボールを追うなど自分の役割を考えてプレーをしていたと感じています。

また、味方のプレーにも声を張り上げたり、プレーが止まっている時間は選手とのコミニュケーションを怠らず、随時話していた印象でした。

後半開始前に橋本選手と会話をしていたとのことですが、

『左利きの自分が開いてボールをもつと、(左サイドバックの)お前の動きがすごくよく見える』と。だからポドルスキがいい体勢でボールを受けたら『思い切って前へ飛び出してくれ』と。そう言われました」

「ストライカーというよりは、本当の意味での『10番』の選手みたいなパサーもやると。このチームではそういう役割もやる、みたいなことを言っていたので。その意味で、左サイドでどんどん前へ飛び出していってくれ、という感じで僕に言ったんだと思います。」

※神戸・ポドルスキ、J1デビュー戦で見せた異次元。W杯優勝戦士、勝利への貪欲な執念と献身より抜粋

上記のインタビューは抜粋させて頂きましたが、ストライカーという役割もそうですが、タメを作ったり、パサーの役目も行うなど、チームのため、勝利のために考えながらポドルスキはプレーをしていたのだと感じます。

そして、先制ゴールはこれぞワールドクラスと言わんばかりのゴールでJリーグ初出場、初ゴールを決め、同点にされた2分後には逆転ゴールも決めました。

3点目の田中英雄選手がゴール決めたときは真っ先に田中選手に駆け寄るポドルスキ

ポドルスキの人間性

ポドルスキはサービス精神が旺盛で人にちょっかいを出すのが好きということを聞いていましたが、練習を見ていても少しふざけたところを見せたり、よく選手とコミニュケーションを取っていました。また、サポーターへのファンサービスも怠ることなく、サインも最後の人まで書いているなど、サポーターのことを思ってくれている素晴らしいやつです!(オイ)

サポーター思いがわかることが先日の大宮アルディージャ戦でありました。試合が終わり、ヒーローインタビューはポドルスキでした。スタッフの方が誘導していたのですが、ポドルスキはそれを拒否。先にサポーターへの挨拶を行いました。バックスタンド、ゴール裏、メインと挨拶に回ってからヒーローインタビューの対応をしていました。これで僕は、ポドルスキという選手がフットボールプレーヤーではなく、一人の人間として惹かれました。

最後に

ポドルスキが神戸に来てくれたことにより、サポーターの盛り上がりが一層上がったと感じます。ゴールを決めた後にゴール裏へガッツポーズを行い、士気を上げ、ホームの雰囲気を素晴らしいものにしてくれました。ポドルスキが来てくれたことにより、選手、サポーター一丸になって闘う姿勢が整ってきたのではないかと思います。世界のトップクラブを渡り歩いたドイツのスーパースターが、今度は日本フットボール発祥の地、神戸で僕たちにフットボールの醍醐味を教えてくれるのではないでしょうか。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です