おかえり!ガルパンウーハー上映in塚口サンサン劇場


塚口サンサン劇場にて劇場版ガールズ&パンツァーを観に行って来ました。

タイトル通りに今回もウーハー上映!

しかも!

塚口サンサン劇場にてウーハー上映を行った経験、知識を全投入し最重低音仕様となっておりました!

 

と塚口サンサン劇場さんのツイートでもありましたが、ワクワクしてきますね!

チケット販売当日、早速再上映1回目のチケットを購入完了!昨日、塚口サンサン劇場へ行って参りました。

塚口サンサン劇場にガルパンが帰ってきた!

塚口サンサン劇場のB1に以前はガルパン特設ブースを設けており、前回は戦車やいろいろなガルパン、大洗関連のもの置いてありました。

今回はどのようになっているのか楽しみです!!

この光景に見覚えが!!

ガルパンが塚口サンサン劇場に帰ってきたんだよ!俺たちが待っていたものが目の前にある!自然と足が特設ブースのほうへと進んでいきます。

前回よりレベルアップしている室内!この手前にあるのは、ラジコン戦車道コーナー。ここで劇中に登場する戦車がラジコンとなり、住宅街ステージで戦うというわけです。

上の写真は試合が始まる前、下は戦闘中の写真。下の写真は火事ではありません。試合中にドライアイス?の煙が出てきてなかなか臨場感が出ていました。

新型TS33戦車

今回もスタッフの皆さんが新たな戦車を製作されていました。

豆戦車とそっくりです!

この戦車の内部も仕掛けがいっぱいでした。

車内はⅣ同戦車の内部の再現!しかもクリスマスの装飾があり、女性が乗る車内はキラキラとしているんですかね?

向かって左側に前が見えるように窓があるんですが、そこを覗いてみると

ミニチュア戦車!細部まで仕掛けがいっぱいの戦車でした。スタッフの皆さまには、本当に感謝です!

前回の上映時にメッセージスペースとしてガルパンおじさんたちが書いたものも再開!絵のクオリティが高い!

これまでのイベント上映や特設ブース内に置いてあったものも再展示!

懐かしいというか、僕たちの青春と言えばいいのか。大人になって、中学校や高校を訪れたときに感じる感情が出てきました。

大洗に売っているガルパングッズや、みんなで作る大洗マップもありました。という感じでゆっくりと見ていたら入場のアナウンスがあり、久しぶりのガルパン上映がやってきます。

上映後

今までの音響とは全然違い、砲撃音は凄まじかった!エキシビションマッチのときから「こんなにズシリと響く感じだったかな?」と思いカールのところでは地響きのように館内は揺れてるんじゃないかというくらいの音響でした。しかし、劇中の音楽やEDはクリアで聞きやすかったですね。上映終了後は一斉に拍手が起きました。おかえりと言っているかのような拍手でした。みんな塚口サンサン劇場でのガルパン上映を待っていたんだなと思いました。

上映後の余韻に浸りながら帰っていると、次の上映の待機組がこんなにたくさんいました!まだまだガルパンの人気は落ちません!

初めて劇場版ガルパンを観たのが去年の11月。まさか1年後まで上映しているなんて想像すらしていませんでした。何度観ても観たくなる、観るたびに大洗に行きたくなる。それが劇場版ガルパンの魅力なんでしょうか。また、映画はストーリだけではなく、音響も映画を盛り上げる一つの魔法と思わせてくれた立川シネマシティと塚口サンサン劇場さんに感謝です。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です